欠田誠のマネキンの世界
「マネキン造形作家 欠田 誠(かけだ・まこと)」
1934年 東京都生まれ。
1957年 京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)彫刻科卒業。
在学中に二科展に出品、特待賞 受賞。
1957年 七彩工芸(現・七彩)に入社、マネキン原型制作を始める。
1961年 二科展で二科銀賞を受賞。
1964年〜65年 インターナシィナル・コッペリア社の招きによりスペインで原型制作に協力。
1971年 七彩工芸スタッフと目を見開いたまま人体を型取りする技術(FCR)の開発に成功。
1971年 七彩工芸グループは(FCR)技術でスーパーリアル・マネキンを制作、「視覚の錯覚」展を開催 (渋谷・西武百貨店)。
1974年 第11回日本国際美術展 出品(東京都美術館・他)。
1975年 ジャパン・ショップ‘75で技術開発賞、日本商工会議所会頭賞を受賞。
第一回東京展 出品(東京都美術館)。
1977年 第20回毎日選抜美術展 出品(京都・大丸百貨店)。
1980年 まがいものの光景・現代美術とユーモア展 出品(国立国際美術館)。
1983年 現代のリアリズム展 出品(埼玉県立近代美術館)。
1986年 七彩退職後、トーマネにてサンローランやシャネルのオリジナル・マネキンなどを制作。
ヤマトマネキンにて、ヤマトマネキン・原型スタッフと、上海ハワード・アーツ社の協力を得て、紙を素材にしたエコ・マネキンを開発。新システムによる多機能マネキン。新スポーツマネキン。などを制作。
2002年 マネキン 美しい人体の物語』を晶文社より出版。
2004年 江戸川大学 非常勤講師。
2005年 江戸川大学 特別講師。
2006年〜10年 (株)アップルにて、マネキン開発スタッフ、の育成など協力。
2008年 人がつくる、ひと。展 出品(愛知県 文化フォーラム春日井)
2009年 立体造形出版記念展 出品(東京銀座 ARTBOX GALLARY)
2009年 (12月7日〜11日) ヒストリーチャンネルにて 職人の道具「マネキン作家 欠田 誠」放映
2011年 堀内正和へのオマージュ展 出品(東京都渋谷 ギャラリーTOM)
2013年 戦ったあとの美術展 出品(京都市立芸術大学ギャラリー)
2013年 時をかける等身大人形展 出品(愛知県高浜市・かわら美術館)